​長年の人間工学に基づいた設計コンセプトと技術で、機能性に特化したシューズを生産しております。

・アップシューズ
・タウンシューズ
・健康シューズ

軽くてつまずきにくく、履き脱ぎしやすく、足あたりが素材で足にやさしいタウンシューズや、背が高くなるアップシューズ、高齢者や介護にケアシューズの決定版すたこらさんソフトなど。

▼タウンシューズ

軽くてつまずきにくい、安心&快適シューズ!

item_tow-f_be.jpg
item_tow-f_w.jpg
 

▼アップシューズ

モデルチェンジで新登場

item_UP_55br.jpg
item_UP_55bl.jpg

▼健康シューズ「ROSIO・ロシオ」

腰痛や膝関節痛の予防や改善には、いわばリハビリ的といえる筋力トレーニングが重要です。
それには、「歩く(ウォーキング)」が、最も適しています。

傷めた箇所に無理な負荷をかけてしまうと逆効果ですが、歩くということは、特別に無理な負荷がかかりませんし、その時の症状の程度にあわせて歩く距離を調整もできます。


健康シューズ「ロシオ」なら、背筋の伸びた正しい歩き方となり、日常生活の中で、筋力アップが可能です。
腰痛・膝関節痛に効果的と実証されています。

さらに、歩くこと自体が有酸素運動ですので、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の改善や予防になりますので、まさに一石二鳥といえます。

かかとが無い?健康シューズROSIO(ロシオ)には、3種類のモデルがあります。

「GOLD STAR(ゴールドスター)ブランドモデル」は、創業80周年を記念し、かかとが無い健康シューズ「ロシオ」の新モデルとして、よりファッション性が高いゴールドスターブランドにて復刻発売したものです。かかとの角度は7度です。15度よりも7度のほうが角度が浅いので普段履きに向いています。

「7度モデル」は、人間工学に基づいて設計コンセプトにスポーツ医学を応用し、かかとの角度をややなめらかに設計することで、普段履きでも履きやすくしています。

「15度モデル」は、人間工学に基づいて設計コンセプトにスポーツ医学を応用し、かかとを15度にカットした設計にすることで、自然と背筋がピンと伸びた姿勢となり、普段使われにくい筋肉を使うことで効率良く背筋・腹筋・下肢の筋力トレーニングができます。

GOLD STAR ブランドモデル(7度)

角度はスタンダードの7度。オススメ♪

item_GS-dg.jpg
item_GS-c.jpg

​7モデル

角度はスタンダードの7度。ウォーキングはもちろん普段履きにも。

​15モデル

角度は最大の15度。しっかりウォーキングのスポーツタイプ。

item_GS-c.jpg
item_GS-k.jpg
item_RR02.jpg